BGMBGMライブラリ

トップ > BGMライブラリ > 製品詳細

[BGMライブラリ]  AKM80 DRAMA / BOX

AKM80 DRAMA / BOX

税込価格¥10,800
¥3,240(70%OFF)

この商品は在庫限りです

デベロッパー : AKM
製品形態 : ライセンスフリーBGMライブラリ
収録メディア : CDR 1枚
トラック数: 全33トラック
リリース時期 : 2010年8月
商品コード : 30200
短縮コード : AK080
JANコード : 4511820072741

関連情報

AKM 製品一覧

もっと見る...
閉じる

AKM80 DRAMA / BOX

AKM80 ドラマ / BOX

定番シーンをさらにハイセンスに仕上げる楽曲集

ダイナミックさ溢れるオーケストレーションやビート、ミステリアスかつ神々しさすら感じさせるコーラス、映画的な効果音の数々をミックスした最先端のアレンジなど、大きな感動や、さらには畏怖さえも植えつけてしまうかのような、個性的な楽曲ばかりをセレクトした1枚。全体的にモダンな仕上がりとなっている全33曲を収録しています。様々な映像作品や、それにまつわるストーリーを効果的に演出してくれるでしょう。※このシリーズは限定生産につきCDRでのお届けとなります。
作曲者:DAN GRAHAM
※本ライブラリは録音権フリーですが、演奏権フリーではございません。放送上で使用される場合は、放送局側が使用楽曲をキューシートにて報告する必要がございます。(作品を放送局側へ提出する場合には、キューシート記入用として使用した楽曲の詳細(曲名/作曲者名)を作品に添付する必要があります。)詳しくはサポートFAQをご参照ください。

収録内容

尺八風の笛の音から始まり、コーラスが荘厳な雰囲気を加えている曲
スピード感のあるループとコーラスが、近未来の闘いを思わせる曲
パーカッシブなリズムに、不穏な空気漂うピアノやコーラスを乗せた曲
バイオリンの奏でる旋律が哀愁を醸し出す、現代の必殺仕事人的な曲
細かいトライアングルが焦燥感を煽り、シンセパッドが恐怖を呼ぶ曲
映像作品のトランジションや、アイキャッチなどに適した曲
ハイハットが、ふつふつと沸き起こる闘志を表しているような一曲
パッド系の音色が奏でるメロディが、謎めいた雰囲気を匂わせる曲
緩やかに繰り返すシンセフレーズが、進化の過程を辿っていく様な曲
バイオリンの音色が心を引き裂かれる音のように響き渡る曲、他

収録楽曲一覧

Tr

曲名 / 解説

Time

試聴

CD1 ドラマ

1

Glorious Adventure

尺八風の笛の音から始まり、躍動感あふれるリズムループが、戦いや冒険を想像させる。コーラスが加わり、荘厳な雰囲気を加えている。

00:58
2

Turbodrive

スピード感のある機械的なループサウンドにコーラスが加わり、近未来のバトルストーリーを思わせる。

01:46
3

Epic Country

軽快なビートに乗せた、フルート風の笛の音や、シンセストリングス、エフェクティブな効果音が、一陣の風を思わせる曲。

01:49
4

Innocence and Danger

不穏な空気漂うピアノのフレーズや、重たいコーラスが、パーカッシブなリズムの上に鎮座する。

01:46
5

Silent Assasin

怪しげに繰り返させるシンセパッドのフレーズと機械的なリズムが緊張感を演出する楽曲。後半のバイオリンの奏でるメロディーが哀愁を醸し出す。

01:15
6

Tragedy Strikes

ピアノの旋律が悲しみを誘う。追い討ちを掛けるようなストリングスが絶妙に絡み合う。

01:11
7

An Otherworldy Sight

細かく刻んだトライアングルが焦燥感を煽り、コーラス風のシンセパッドが恐怖をかきたてる。

01:00
8

Power Transition 1

映像作品中の場面転換やアイキャッチなどに適したエッジの利いたジングル。

00:12
9

Beautiful Beast

ハイハットのフレーズが、ふつふつと沸き起こる闘志を表しているかのよう。コーラスが悲壮感を際立たせている一曲。

01:29
10

Power Transition 2

映像作品中の場面転換やアイキャッチなどに適したスピード感溢れるジングル。

00:15
11

Things in the Dark

ハープ風のループサウンドから、緊張感と共にミステリアスな雰囲気を感じる。最後の最後で何かが起きる、そんな予感をさせる終わり方をする曲。

01:21
12

Transition

ハイテンポなドラムと、対照的に緩やかなピアノのフレーズが、事の流れ行くさまを表現しているかのよう。

00:44
13

March of the Machines

すべてをシンセでまとめた、機械的なビートが印象的。重量感のある音色がまるで機械達の踏みしめる一歩一歩の足音のよう。

00:52
14

Wonderful & Mysterious

パッド系の音色で奏でられるメロディーがなんとも謎めいた雰囲気を持っている。後半のパーカッションのリズムが緊迫感を煽る。

01:20
15

Love Life and Joy

アップテンポで、愛情に溢れた日々の楽しさで溢れた曲。コーラスが、その幸せを歌い上げている。

00:50
16

Power Transition 3

映像作品中の場面転換やアイキャッチなどに適したスピード感溢れるジングル。

00:14
17

Glorious Adventure reprise

AK080/Tr1 の別アレンジバージョン。

01:02
18

Lazy Days and Sunshine

シンセのメロディーがなんとものんびりとした雰囲気。なんでもない日常を、窓辺でまったりと過ごしているときの空気がよく出ている。

01:49
19

Power Transition 4

映像作品中の場面転換やアイキャッチなどに適したエッジの利いたジングル。

00:11
20

Power Transition 5

映像作品中の場面転換やアイキャッチなどに適したスピード感溢れるジングル。

00:17
21

Attack 1

細かく刻むハイハット、徐々にフェードインしてくるシンセ、迫力満点のオーケストラヒットと、誰もが各々の描くスペクタクル映画のワンシーンを思い浮かべるであろう一曲。

00:35
22

The March of Progress

緩やかに繰り返されるシンセフレーズが、人類の進化の過程を辿っているかのよう。バック・コーラスがメロディーをより引き立てている。

01:44
23

Power Transition 6

映像作品中の場面転換やアイキャッチなどに適したスピード感溢れるジングル。

00:19
24

Attack 2

聞くだけで、手に汗握ること間違いなしの曲。化け物が登場人物の後ろから忍び寄って襲い掛かるシーンなどが浮かぶ。低めのシンセフレーズがスピード感とハラハラ感を演出する。

00:35
25

Unforgiving Heat

フェードインするストリングスとリバースシンバルが緊張感を煽る。BGMというより、効果音的な使い方が適している。

00:15
26

Return to Joy

四つ打ちのリズムに乗せたピアノとコーラスが印象的。天へ捧ぐ賛歌のよう。

00:44
27

Unbearable heat

エスニックな雰囲気漂う一曲。ミステリー物の、謎を追いかけているシーンなどに使うと、ミステリアスさをより付加できるだろう。

01:35
28

Afternoon

アッパーなビートと、アンビエントなエレピ音のコントラストが、流れ行く時間とアンニュイな心とのずれを音に現したような曲。

01:13
29

Ascent to Destiny

コーラスが神聖な雰囲気を演出している。細かいリズムからスピード感と、天高く駆け上がっていく勢いを感じさせる。戦闘機同士のドッグファイトなどにもぴったり。

01:16
30

Sorrow and Separation

心を引き裂くかのようなバイオリンの音色が悲しげに響く。沈み込むピアノの音色と相まって、深い哀しみに包まれる。

00:35
31

Epic Springtime

パーカッションのリズムがハッピーな雰囲気。アコースティックギターの音色と、伸びやかなストリングスが、これから芽吹き咲き誇る緑を思わせる。

02:42
32

Glorious Adventure var.

AK080/Tr1 の別アレンジバージョン。

00:40
33

Glorious Adventure Finale

AK080/Tr1 の別アレンジバージョン。

00:34